FC2ブログ

2019-09

【レビュー】ソード・ワールド2.0リプレイ 拳と魔封の物語(1) (富士見ドラゴン・ブック)

SW2.0の公式からの3つ目のリプレイシリーズですね。

GWが最初から設定を考えており、それに基づくキャラクター背景を
設定すると言う形のプレイスタイルの作品です。

GMもプレイヤーさんも設定を良く生かしている作品だと思いますね。
所々、おや?と思う箇所がありますが、そこさえ気にしなければ
とても魅力的な作品だと思います。
# 私が気になったのは、例えば「騒ぎが起こればすぐ気づく距離」と言いつつ
# それが徒歩10分程だったとかですが(^^;
## 徒歩10分の距離って、大爆発が起きたとかの規模の騒ぎじゃないと気がつきません

今後の物語に続く複線や設定も散りばめられていて、とても面白いリプレイだと思います。
続きに期待ですね~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://misoranotsubame.blog15.fc2.com/tb.php/883-90e03b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

カウンタ


+19000くらい

現在の閲覧者数↓

プロフィール

御空野 燕

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:二律背反

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する