FC2ブログ

2019-09

W杯 日本-ブラジル

ブラジルはやはり強かった!
1-4と、力の差を見せ付けられました。
やはりW杯のブラジルはそれ以外のブラジルと全く別物でしたね。

むしろ、先制点を決めたのはすごいと思います。
連続無失点のW杯記録が掛かっていたので、ブラジルも点を取られる気は無かったと思います。

今日の試合は、小笠原が空回っていましたが、それ以外の選手は
すばらしいパフォーマンスを見せました。
特に玉田・アレックスは素晴らしかったですね。
ただ、高原投入は疑問でした。
怪我で即交代したのを差し引いても、高原の必要があったのか・・・
どうせなら最初から大黒を入れて欲しかったですね。

ブラジルの得点は、どれも「さすが」の一言に尽きました。
1点目は逆サイドに振ってからの折り返しをロナウド。
2点目はジュニーニョの無回転の揺れるロングシュート。
3点目はロナウジーニョのスルーパスから左サイドのジウベルト。
4点目は中央を切り裂いてのロナウドのシュート。
どれも、「ブラジル」を感じさせる素晴らしいゴールでした。

この試合だけに関しては、ブラジルを相手に先制した事だけでも、評価に値すると思います。
選手は悔しいでしょうが、これが現時点での日本とブラジルの力の差だと思います。

予選全体を通しては、やはりオーストラリア戦に尽きますね。
1点取った後、追加点が取れずに3失点したのが痛かったです。
オーストラリアに負けた時点で、予選突破がブラジル戦にかかると言う、
最悪のシナリオになってしまいましたから。
結局は、決定力不足が響いた形になりました。
予選敗退と厳しい結果になりましたが、現時点での日本の実力だと思います。
まだ、海外のW杯で勝つ力が足りないんでしょう。

2010年大会の予選から、オーストラリアがアジア枠に参入してきます。
実力的には、日本、韓国、中国、サウジアラビア、イラン、オーストラリアの6カ国で
(まだ未定だけど、恐らく)3.5~4枠を争う事になります。
次回のW杯に出場できる保障はどこにもありません。
また4年後に向けて、しっかりとした準備をして欲しいですね。

何はともあれ、お疲れ様でした。

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://misoranotsubame.blog15.fc2.com/tb.php/333-4bb8f349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

カウンタ


+19000くらい

現在の閲覧者数↓

プロフィール

御空野 燕

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:二律背反

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する