2017-09

[モンコレ]トライアルのみのブランニュー環境(ブロック4)の考察 妖貴妃プレイング編

と言う訳で、ちょっと遅くなってしまいましたが、現ブランニュー環境における、妖貴妃のプレイングについて考えてみようと思います。
ただし、私自身がまだ妖貴妃を使って妖貴妃と対戦できていないので、そこのところは推測になりますのでご承知置きください。

フォクシアは基本的に地形、特に大竜巻を有効に使って攻めていく感じになります。
「種族:妖狐」の秘伝呪文が3Dとダメージが大きいので、呪印や開放はきっちり使っていく必要がありそうです。
大竜巻以外の地形でも、秘伝呪文を握っていたら呪印を使用して、攻撃で倒すのではなく戦闘スペルで倒すと言う戦い方も視野に入れなければいけません。
大竜巻以外で行動完了にならなくても「種族:妖狐」とイニシアチブ+2、攻撃力+2を得られるイヅナはかなり強いので、どの盤面に出すかが大切になってきます。
イヅナは即時ユニットなので、使いどころに注意しましょう。

相手が金剛神の場合の戦い方ですが、基本的に先攻を取っていきたいです。
が、セレス、ジャイアントウィング相手には、無理に先攻を取る必要はありません。
攻撃対抗できっちり落としていきましょう。
6レベルユニットのお供にモンブランやナイチンゲールがいると、厄介になります。
6レベルユニットが防御力+2の装備品を持っているとなおさらですね。
先攻を取った場合は、普通タイミングでモンブランやナイチンゲールを落としに行きましょう。
金輪眼、銀輪眼、カマイタチ、ヴォーテックス、時にはホクサイも混ぜても特にモンブランは落としておく必要があります。
6レベルの方は、3Dで倒せそうなら倒してしまい、パンプされて無理そうなら、スタン・ガスト、ブラインドネス辺りでお帰りいただくのがいいでしょう。
もちろん、倒せるなら倒してしまいたいですし、3Dで8や9が出せないと、妖貴妃を使うのは難しいです。
また、相手がシールドバッシュを主体に攻めて来始めたらスタンガストでは止めきれなくなります。
そこは3Dで8や9を出すのを躊躇わず、強気でダイスを振っていきましょう。

シックステイルは6/6/6で風魔*スペル、飛行、「種族:妖狐」持ちとかなり強いですので、ガンガン使っていく事になります。
正面を攻めあがるパーティが作れているのなら飛行展開させておくと、相手が受けに回らなくてはいけなくなるので、強い動きができます。
シックステイルはフィニッシャーになれるので、大切に運用したいところです。

まぁ、何だかんだ書きましたが、妖貴妃の対金剛神の戦いは、3Dで6レベルユニットをきっちり落とせるダイス力が大切です。
大竜巻上では、先攻を取って寝たユニットも起きてきての攻撃沢山ってのもありですが、他の地形や本陣戦ではそういうわけにも行かないので、かなり思い切って相手の6レベル以上に3Dを振る必要が出てきます。
気合で高い数字が出るように頑張りましょう。
最後に、金剛神にはマグネリアの大転移という「強制配置」持ちの進軍地形がありますので、自軍領土は手薄にしないように気をつけましょう。
優勢に押していても、ヘタをすると一発逆転されてしまいます。



相手が妖貴妃の場合ですが・・・冒頭にも書いたとおり、私自身がまだ妖貴妃を使って妖貴妃と対戦できていませんので、机上の空論です。ご了承ください。
まぁ、とは言っても、こちらは中量級~軽量級の対抗合戦になりますので、攻めを急がずユニットをしっかり展開させてから攻める方が安定するでしょう。
ただし、イヅナがきっちりパーティを組めて、七尾の開放を使え、かつ残りが対抗札だったら強気で攻めてみてもいいかもしれません。
それ以外のパーティは、後ろが薄くならない程度に攻めて行きましょう。
こちらの戦いでも、やはり地形は重要です。
トライアルに入っている地形カードの効果は、配置したプレイヤー側にしか効果を発揮しないので、攻める場合も守る場合も、できれば自分が配置した地形の上で戦闘したいところです。
先攻を取った方がやはり強くなるので、対金剛神よりもヴィクセンの有用性が高くなります。
素でイニチアチブ+2を持っている上に、九尾の開放を使用しなくても金輪眼で相手の4レベル以下1体をほぼ落とせるので、主力として運用していけます。
イヅナも行動完了にならずに「種族:妖狐」、イニシアチブ+2、攻撃力+2は強いので、こちらも主力にしたいですね。
両方とも同じパーティに入れると強いんですが、もし同時になってしまうと後が困るので、なるべく分散させて運用しましょう。
相手のヴィクセン、イヅナ、ドリームテイルがいないパーティは、攻撃と戦闘スペルしかしてきませんので、後はどう対抗連鎖を読みきるかの勝負になりそうです。
妖貴妃デックには攻撃対抗が多いので、対抗数の勝負になりそうです。
とは言えこちらにも対抗数は多いので、相手を倒したい時と倒せなくても追い返せれば良い時の戦闘にメリハリを付けて対抗していきましょう。
(ライデンとブラインドネスを両方握っているときに、攻めたいときはライデンを使うけど、守りたいときにはブラインドネスからスタートする等。)

最後になりますが、対妖貴妃ではマインド・ディストラクションは不要の長物ですので、捨てるのを忘れないようにしましょう(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://misoranotsubame.blog15.fc2.com/tb.php/2081-a699e08c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

カウンタ


+19000くらい

現在の閲覧者数↓

プロフィール

御空野 燕

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:二律背反

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する