2017-07

[アニメ][映画][ネタバレ]おおかみこどもの雨と雪

細田守監督の新作『おおかみこどもの雨と雪』を観てきました。
上映館数も時間も沢山あるので行きやすいですね。


感想としては、時をかける少女とサマーウォーズがあったからこそチャレンジできた意欲作だなぁと思いました。
過去に成功して実績があるからこそ周囲を納得させて作れた作品だな~と。

時をかける少女の様な爽やかさも、サマーウォーズの様な熱い展開もなく、ただ一人の女性の普通じゃない子育て物語を描くと言うのは、難しかったと思います。
いわゆる「アニメ映画」っぽくない構成で、でもアニメだからこそできた傑作だと思います。
もしかしたらサマーウォーズほどの興行成績は出ないかもしれませんが、とてもいい作品でした。

冒頭から美しい自然描写で始まります。
幻想的で、綺麗でした。

物語のナレーションは基本的に未来の雪。
花が狼男(名前が出てきませんでした)とそうとは知らずに出会うところから。
雪と雨の誕生と、父親の死。
それなりの都会から田舎に移り住んだ理由。
花から伝え聞いた体で雪のナレーションで物語が進みます。

田舎に引っ越してからは圧倒的に美しい自然と、日常の風景。
同じアングルで描かれる四季の移り変わり。
本当に丁寧に描かれていました。

日常生活は苦労の連続で、おおかみこどもの子育ては更に苦労の連続と言う、本当に苦労話が描かれていました。

その中で姉弟の成長と変化が丁寧に描かれていました。

結末は…まぁ途中から予想がつくような真っ直ぐな結末でしたが、変に捻ったりしなかった分、爽やかな感動を生んでいました。
まぁ、時かけやサマウォみたいにドラマチックな展開の方が観ていて分かりやすいとは思いますが、こう言う真っ直ぐな展開も面白かったです。
ただ、ちょっと難しかったかな?

ラストの方は泣かせる展開になっていましたが、見終わった感じが個人的にはほろ苦く感じました。
ほろ苦い感動って感じですね。

何はともあれとても楽しめました。
日本のアニメ映画の底力を見た感じがします。
多分BDを買っちゃうと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://misoranotsubame.blog15.fc2.com/tb.php/1913-799950db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

カウンタ


+19000くらい

現在の閲覧者数↓

プロフィール

御空野 燕

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:二律背反

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する