FC2ブログ

2013-02

[モンコレ]ショップ大会@ティム東白楽 2013/2/11

今日はティム東白楽のショップ大会に参加してきました。

3人参加の総当たり戦。
使用デックは最後のファラオデックでした。

1戦目は対紅河デック。
ずっと一進一退でしたが、山切れからフェンリルに2連続で同時を出されて山札切れ判定負けでした。

2戦目は対ブロック3妖貴妃デック。
ユニットの引きが酷いことになっていて、対抗札を切りまくってユニットを引きにいきましたが残念な事に。
アギアトを引いた時には既に有効対抗が残っておらず、押しきられて本陣陥落負けでした。

と言う訳で、結果は2敗の2点でした。
プロモパックはカーマインとシルヴィアをゲット。
次の大会参加は、水曜のカーキン溝の口か木曜の横浜のタイガのショップ大会の予定です

[モンコレ]HATW@横浜西公会堂 2013/2/10

今日は横浜西公会堂でHATWの開催があり、モンコレは4大会を開催しました。

今月は1大会でプロモが4~5枚手に入るので、午前中の大会から2桁の参加人数で盛況でした。
ブランニュー×2、TD発売記念大会、ネオスタンと開催しましたが、ずっと盛況だったので良かったです。
(最後はちょっと人数が減ってしまいましたが・・・)
特に今日は、「数日前に始めたばかり」と言う方が、朝からずっといらっしゃっていて、最後まで参加してくださったので嬉しかったですね。
最後のネオスタンはほぼカードプールが判らなかったようなので苦戦されていたようですが、他の参加者と色々お話をできていれば嬉しいのですが。

ちなみに、blogに先日記事を書いておきましたが、HATWは「1大会ごと」ではなく「入場時に」参加費200円なので、複数の大会に参加するとプロモが集めやすいと思うのでよろしくお願いします。
(その分、上位賞等は出ませんが・・・)
今日は遠くから来てくださった方もいらっしゃって、開催した甲斐があったと思います。
ちなみに、今日はきまぐれさんとトリイさんが冬コミで頒布した同人誌を持ってきてくださいました。
私の手元にまだ若干数残っていますので、横浜近辺で希望者がいたら配布します。
モンコレの基本だけど重要な部分が書かれているので、初心者さんには読んでいただきたいですね。
逆に、中級者以上には当たり前過ぎるかもしれませんが(笑)

残念なのは、町田のジャッジグループの大会と日が重なってしまったことですね。
できるだけ、別日程で共存していければいいのですが・・・
ちなみに、HATWの開催日程は↓で参照できます。
 http://hatw.at.webry.info/
まぁ、全部の日でモンコレをやるわけではないので、公式で大会日程をチェックしてください。
(公式でやる大会がない横浜西公会堂には、ほぼ確実に大会を開催すると思いますが、
時々戸塚、保土ヶ谷、鶴見でも開催します。)


次のHATWでのモンコレは、2/23(土)のフレンズ戸塚です。
いつも通り4大会を開催しますので、お近くの皆さんはよろしくお願いします。


次の個人的な大会参加は、明日のティム東白楽のショップ大会の予定です。

[モンコレ]トライアルのみのブランニュー環境(ブロック4)の考察 妖貴妃プレイング編

と言う訳で、ちょっと遅くなってしまいましたが、現ブランニュー環境における、妖貴妃のプレイングについて考えてみようと思います。
ただし、私自身がまだ妖貴妃を使って妖貴妃と対戦できていないので、そこのところは推測になりますのでご承知置きください。

フォクシアは基本的に地形、特に大竜巻を有効に使って攻めていく感じになります。
「種族:妖狐」の秘伝呪文が3Dとダメージが大きいので、呪印や開放はきっちり使っていく必要がありそうです。
大竜巻以外の地形でも、秘伝呪文を握っていたら呪印を使用して、攻撃で倒すのではなく戦闘スペルで倒すと言う戦い方も視野に入れなければいけません。
大竜巻以外で行動完了にならなくても「種族:妖狐」とイニシアチブ+2、攻撃力+2を得られるイヅナはかなり強いので、どの盤面に出すかが大切になってきます。
イヅナは即時ユニットなので、使いどころに注意しましょう。

相手が金剛神の場合の戦い方ですが、基本的に先攻を取っていきたいです。
が、セレス、ジャイアントウィング相手には、無理に先攻を取る必要はありません。
攻撃対抗できっちり落としていきましょう。
6レベルユニットのお供にモンブランやナイチンゲールがいると、厄介になります。
6レベルユニットが防御力+2の装備品を持っているとなおさらですね。
先攻を取った場合は、普通タイミングでモンブランやナイチンゲールを落としに行きましょう。
金輪眼、銀輪眼、カマイタチ、ヴォーテックス、時にはホクサイも混ぜても特にモンブランは落としておく必要があります。
6レベルの方は、3Dで倒せそうなら倒してしまい、パンプされて無理そうなら、スタン・ガスト、ブラインドネス辺りでお帰りいただくのがいいでしょう。
もちろん、倒せるなら倒してしまいたいですし、3Dで8や9が出せないと、妖貴妃を使うのは難しいです。
また、相手がシールドバッシュを主体に攻めて来始めたらスタンガストでは止めきれなくなります。
そこは3Dで8や9を出すのを躊躇わず、強気でダイスを振っていきましょう。

シックステイルは6/6/6で風魔*スペル、飛行、「種族:妖狐」持ちとかなり強いですので、ガンガン使っていく事になります。
正面を攻めあがるパーティが作れているのなら飛行展開させておくと、相手が受けに回らなくてはいけなくなるので、強い動きができます。
シックステイルはフィニッシャーになれるので、大切に運用したいところです。

まぁ、何だかんだ書きましたが、妖貴妃の対金剛神の戦いは、3Dで6レベルユニットをきっちり落とせるダイス力が大切です。
大竜巻上では、先攻を取って寝たユニットも起きてきての攻撃沢山ってのもありですが、他の地形や本陣戦ではそういうわけにも行かないので、かなり思い切って相手の6レベル以上に3Dを振る必要が出てきます。
気合で高い数字が出るように頑張りましょう。
最後に、金剛神にはマグネリアの大転移という「強制配置」持ちの進軍地形がありますので、自軍領土は手薄にしないように気をつけましょう。
優勢に押していても、ヘタをすると一発逆転されてしまいます。



相手が妖貴妃の場合ですが・・・冒頭にも書いたとおり、私自身がまだ妖貴妃を使って妖貴妃と対戦できていませんので、机上の空論です。ご了承ください。
まぁ、とは言っても、こちらは中量級~軽量級の対抗合戦になりますので、攻めを急がずユニットをしっかり展開させてから攻める方が安定するでしょう。
ただし、イヅナがきっちりパーティを組めて、七尾の開放を使え、かつ残りが対抗札だったら強気で攻めてみてもいいかもしれません。
それ以外のパーティは、後ろが薄くならない程度に攻めて行きましょう。
こちらの戦いでも、やはり地形は重要です。
トライアルに入っている地形カードの効果は、配置したプレイヤー側にしか効果を発揮しないので、攻める場合も守る場合も、できれば自分が配置した地形の上で戦闘したいところです。
先攻を取った方がやはり強くなるので、対金剛神よりもヴィクセンの有用性が高くなります。
素でイニチアチブ+2を持っている上に、九尾の開放を使用しなくても金輪眼で相手の4レベル以下1体をほぼ落とせるので、主力として運用していけます。
イヅナも行動完了にならずに「種族:妖狐」、イニシアチブ+2、攻撃力+2は強いので、こちらも主力にしたいですね。
両方とも同じパーティに入れると強いんですが、もし同時になってしまうと後が困るので、なるべく分散させて運用しましょう。
相手のヴィクセン、イヅナ、ドリームテイルがいないパーティは、攻撃と戦闘スペルしかしてきませんので、後はどう対抗連鎖を読みきるかの勝負になりそうです。
妖貴妃デックには攻撃対抗が多いので、対抗数の勝負になりそうです。
とは言えこちらにも対抗数は多いので、相手を倒したい時と倒せなくても追い返せれば良い時の戦闘にメリハリを付けて対抗していきましょう。
(ライデンとブラインドネスを両方握っているときに、攻めたいときはライデンを使うけど、守りたいときにはブラインドネスからスタートする等。)

最後になりますが、対妖貴妃ではマインド・ディストラクションは不要の長物ですので、捨てるのを忘れないようにしましょう(笑)

[モンコレ]ブランニュー大会@カードショップタイガ 2013/2/7

今日は横浜のタイガのブランニュー大会に参加してきました。

9+1人参加の確定4回戦。
使用デックは妖貴妃デックでした。

1戦目は対金剛神デック。
先に敵軍領土2を奪って優位に立ちますが、対抗札を思うように引いて来れなくて攻め切れません。
後は一進一退になって、攻めたり攻められたり。
結局お互いに攻めきれずに山札切れ判定勝ちでした。

2戦目は対金剛神デック。(と言うか私の貸したデック)
地形を効果的に使えたので、楽に押し込めます。
相手が色々と手札的に事故っていたのと、こちらのダイスがヘタれなかったので、ダブルリーチまで楽に持って行きます。
最後はシックステイルとイヅナで攻めて、ナチュって本陣陥落勝ちでした。

3戦目も対金剛神デック。
地形をきっちり引いてきて攻める時にきっちり使えたのですが、相手の展開戦に押されてしまいます。
自軍領土まで押し込まれますが、押し返して逆にシックステイルでリーチして先に引ききって相手ターンに。
相手も引ききって返しのターンで終了だったんですが、リーチしていたシックステイルをティーガー魔石で吹っ飛ばされてしまいます。
更に自軍領土2をハデス(シールド)に攻められて、こちら即時でドリームテイルを出したんですが、イニシ補正こちら+5対相手+2でナチュってしまい、落とされてしまいました。
こちらのユニットがいなくなったので山札切れ判定負けでした。

4戦目は対金剛神(スターターそのまま)デック。
相手に地形をきっちり置かれて展開戦に持ち込まれますが、こちらもシックステイルが飛行進軍で攻めて行って対抗します。
こちらがシックステイルで斜めリーチをかけた段階で、自軍領土2を落とされますが、横に展開していたヴィクセンで予備進軍。
相手が対抗を使ってくれたので、そのままリーチをかけていたシックステイルで本陣に突入して、セレスに先攻を取られたものの、ホクサイでセレスを落として本陣陥落勝ちでした。


と言う訳で、結果は3勝1敗の28点でした。
シングルチケットは500円をゲット。
プロモカードはダイアモンド・ドラゴンとダークエルフでした。
今日の問題点は、妖貴妃と対戦できなかった事ですね。
考察記事が書けません(><)


次の大会参加は、日曜の横浜西公会堂のHATWの予定です。
HATWはブランニュー、ブランニュー、発売記念大会、ネオスタンの4大会を開催します。
入場料200円で全大会に参加できますので、お近くの方はよろしくお願いします。

[モンコレ]発売記念大会@カーキン溝の口 2013/2/6

今日はカーキン溝の口のブロックエレメンタル発売記念大会に参加してきました。

6人参加の全勝者が1人になるまで。
レギュレーションを知らないで来た方がいたのでデッ クを貸すことにして、希望を聞いたら妖貴妃を使いたいとの事だったので、私は金剛神を使用しました。

1戦目は対妖貴妃。
地形をきっちり張られて自軍領土2を落とされてしまい、防戦一方になってしまいます。
ジャイアントウィングを装備したハデスで本陣は守りますが、自軍領土2を取り返せずに時間切れ判定負けでした。

2戦目は階段戦で対楊貴妃デック。
ハデスがジャイアントシールドを持って前に歩いていくだけの簡単なお仕事で本陣陥落勝ちでした。

階段を崩したので、ここで大会終了。


と言う訳で、結果は1勝1敗の7点でした。
お店からのお楽しみ賞で竜神殿を1パックゲットして、ポセイドンをゲットしました。
プロモパックはクォーツペガサスとシルヴィアでした。
次の大会参加は明日の横浜のタイガのブランニュー大会の予定です。

[モンコレ]トライアルのみのブランニュー環境(ブロック4)の考察 金剛神プレイング編

今日は金剛神を使ったプレイングに関する考察でも書いてみようかと。

金剛神が相手の場合、直接の攻撃対抗はガリュンバーの瞳しかありませんが、頑強の薬も間接的には攻撃対抗になります。
攻撃に対抗して頑強の薬を使われた場合、その攻撃で敵を全滅させることは厳しくなります。
相手が防御力が5のままのセレスだったら、マグネリアの電磁網でワンチャンス落とせる可能性はありますが、
防御6~7のユニットが対象相手の場合2Dで落とせる可能性は低くなるので、厳しいです。
その点、シールドバッシュ主体に攻めれば、対抗で頑強の薬を使われても更に対抗で頑強の薬で相手を落とせるので、相手を落としやすくなります。
更に言うと、行動完了型能力を直接止められるのがマグネリアの磁力網だけなので、モンブランと併せて行動完了型能力を主体で攻めると、相手がそのうち止めきれなくなります。
なので、ジャイアントシールドとモンブランを序盤に引けたら、行動完了型能力を主体で攻めた方がいやらしく強いです。
とは言っても、どちらも引かない場合があるので、その場合は頑張って耐えてください。
相手がシールドバッシュ主体で攻めてきたら、頑張って先攻を取って殴りきるしかないですね。
そのためにジャイアント・ウィングは有効です。
ジャイアント・シールドを引くまでは我慢のしどころですが、その間に相手の頑強の薬を削れればOKの気持ちで攻めましょう。

後は、セレス、ジャイアント・ウィング装備ユニット、アルケミー・フィストが飛行進軍できるので、展開戦もしやすいでしょう。
まぁ、相手も同じ事ですが、自軍領土で展開するのではなく、敵軍領土2を落としたときに展開しておくと相手の対応が難しくなるので、展開しておいて損は無いです。

相手が妖貴妃の場合は、イニシアチブ勝負が難しくなるところなので、セレス以外は「耐えて反撃」を考える必要があります。
とは言え、金剛神のパーティ編成は、6レベル+2レベルが主体になるので、大型ユニットで耐えることを考えておけばいいでしょう。
とは言え、対抗札を引いていないと難しいかもしれませんが、6レベルに防御力+2の装備品を付ければ割と守りやすいです。
また、相手は4レベル以下がほとんどで、6レベルのシックステイルも防御力が6なので、いざとなったらティーガー魔石で吹っ飛ばしておきましょう。
マインド・ディストラクションを使われたら、それはそれで消耗させたのでOKと考えましょう。
基本的に防御力が高い金剛神側の方が守りやすいので、大型が生き残れば反撃で相手を削れます。
相手のパーティに「種族:妖狐」がいる時は、秘伝呪文が飛んでくる可能性が高いので対抗手順に気をつけましょう。
自分の普通タイミングが回ってきた時は、やはり行動完了型能力で攻めるのが有効です。
妖貴妃は行動完了型能力をスタン・ガストで止めるか、ダメージ系スペルで落としにくるしか対抗が無いので、行動完了型能力で攻め続けていれば、相手はそのうち対応しきれなくなります。
要注意なのは相手のヴィクセンの九尾の解放からの金輪眼→ホクサイや、もう1体を絡めてのマインド・ディストラクションですが、そうそう連発できるものではないので対抗し切れなかったらしょうがないと考えるしかないですね。
対抗札をどう使うかをきっちり考えて使っていく必要があります。

金剛神は6+2のパーティか、ハデス単体で戦うことが多いので、ユニット自体は守りやすいのですが、対抗札の種類が乏しいため対抗札の管理が非常に重要です。
むやみに全て対抗するのではなく、使い所を選んで対抗していきましょう。
後、相手が金剛神の場合は、魔力のスクロールを手札調整で破棄するのをお忘れなく~(モンブランの弾に使うのも良いですね)

[モンコレ]トライアルのみのブランニュー環境(ブロック4)の考察 デック構築編

と言う訳で、金剛神、妖貴妃が発売されただけのブランニュー環境の考察です。

ニコ生の影響と、「でかいユニットは死ににくい」と言うモンコレの基本により、金剛神の方が環境に多い事が予想されます。
よって、どちらのデックを使うにしても、メタるべきは金剛神。
妖貴妃の方も想定する必要はありますが、何点か押さえれば対応が可能です。
まだ本格的な混成デックが出てくる環境ではないので、そこはまだスルーしておきます。

両方とも「攻撃」が基本のデックだが、金剛神の方はモンブランとジャイアント・シールドの行動完了型能力が強いので、行動完了型能力に対抗できるカード(電磁網、スタンガスト)は確実に3枚欲しいところ。
特に妖貴妃の方はモンブランに対応するために、ヴォーテックスも積むのがお勧め。

デック構築にあたり、ユニットは基本通り25枚~30枚積むのがいいと思うが、回す自信があれば金剛神側はユニット数を減らすのもありだと思う。
妖貴妃側はユニットがガリガリ削られるので、ユニット数を25枚以下にすると息切れしやすくなるのでお勧めできない。

金剛神側の構築について。
行動完了型能力に対する直接の対抗が、金剛神、妖貴妃共に3枚しかないため、行動完了型能力を基本に戦いたいため、ジャイアント・シールドとモンブランは3枚欲しい。
ジャイアント・シールドとの親和性も高いネプチューンもメインのユニットとして欲しいところ。
ジャイアント・シールドを装備したネプチューンは単体の防御力が9になるので、ヴィクセンもシールドバッシュで落とせますし、相手の攻撃も止めやすい。
「先攻側の方が戦いやすい」のも確かなので、ジャイアント・ウィングは早さの面で優秀。
また、同様の理由でセレス判りやすく使いやすい。
ハデスは英雄点2の強さはしっかりあるので、何枚突っ込んでも問題ない。
ただ、ユニットを絞る場合は実際に場に出せるユニット数が減ってしまうので注意。
構築的に2、6、8レベルしか入っていないため、2レベルは10枚以上は必要だと思われる。
セレス、ジャイアント・ウィングを装備したユニット、アルケミー・フィスト、場合によってはドリームテイルが飛行進軍できるので、展開戦も苦手ではないはず。
アイテムは、属性魔法と電磁網を止められるゲパルト魔石、ヴィクセンとイヅナの宣言型能力と、金剛神のモンブランとシールドバッシュを止められるマグネリアの磁力網は3積みしたい。
モンブランとシールドバッシュ、ドリームテイル以外のユニットは基本的に攻撃してくるので、ガリュンバーの瞳も3枚積みたいですね。
頑強の薬も強いのでできれば3枚欲しいところ。
って3枚積みたいアイテムが多いですね。
ティーガー魔石は、自爆の魅力があるものの、ゲパルト魔石を併用しないと基本的に本当に自爆しちゃうので、何枚積むかは好みの問題だと思います。
後は店舗ごとの環境にもよりますが、妖貴妃が少ないと読んだら忘却のスクロールは若干枚数を削っても大丈夫です。
地形カードは正直好みですが、マグネリアの大磁界は大型ユニットが死んだ場合のリカバリーがしやすいので、あると便利かも?
って感じで考えながら組んでいます。

妖貴妃側の構築について。
ユニットの大半が2、4レベルなので、ユニットが削られやすいため、ユニットの枚数は25枚以上は必須、できれば27~8枚以上は欲しいところ。
金剛神の大型ユニットを倒しやすい、またはゲパルト魔石、磁力網を消耗させやすいために、ドリームテイルは3積みしていいかと。
シックステイルは強いので3積み推奨。
ドリームテイル、シックステイル以外は「種族:フォクシア」で固めるか、ある程度は「種族:ビースト/妖狐」を入れるかどうかは好みですが、ヴィクセン、イヅナの自動型能力が使いやすいように、ある程度は「種族:フォクシア」が必要です。
また、フォクシアを多めにするなら、風魔の大竜巻があった方が楽に戦えます。
風魔の大稲妻は、ヴィクセンで戦う場合にあると便利ですが、ただでさえ戦闘スペルで手札消耗が激しい妖貴妃側には使いどころが難しいかも。
戦闘スペルは、金剛神側の行動完了型能力を確実に止められるスタン・ガストは3枚欲しいところ。
攻撃対抗のライデンと、敵ユニット1体の攻撃力を減らせるブラインドネスは合計4枚~5枚は欲しいかな?
秘伝魔法は「種族:妖狐」の枚数に応じて入れる枚数を決めたいところですが、「種族:フォクシア」のユニットも特殊能力を使えば「種族:妖狐」を得られるので、少し多目でも大丈夫。
環境に金剛神が多い時期は、マインド・デストラクションは3枚積んでいいと思う。
また、モンブランに対応するためにヴォーテックスも2~3枚。
普通タイミングでしか使えないカマイタチは3枚は積みたくないけど1枚は欲しいかな?
って感じで考えながら組んでいます。

今のところ考えているのはこんな感じですが、参考になれば幸いです。
次は運用編を書けたらいいな~と思いますが、気力が持つかどうかの勝負ですね。
読みたい方は私の気力が持つことを祈っていてください(笑)

[モンコレ]ブランニュー大会@ティム東白楽 2013/1/4

今日はティム東白楽のブランニュー大会に参加してきました。

6人参加の3回戦。
使用デックは金剛神デックでした。

1戦目は対楊貴妃デック。
セレスがブンブン言って、本陣陥落勝ちでした。

2戦目は対楊貴妃デック。
正面をセレスで攻めつつ、横に展開してダブルリーチにします。
敵軍領土2に錬金魔動師を置けたので、非英雄の6レベルを普通召喚しまくって、相手の消耗を誘いますが、こちらも大型ユニットが削れていきます。
先に山札を引き切って、相手の反撃を止めきって、勝ち確にしてからの本陣攻めで本陣を落とせずに山札切れ判定勝ちでした。

3戦目は対金剛神デック。
相手の初手が事故っている間にネプチューン+シールドで攻めて、敵軍領土2を楽に落とします。
相手が横にユニットを逃がしたので、こちらの手札が悪かったこともあり、前を塞ぐように展開します。
あとは手札を整えて本陣を攻めて、本陣陥落勝ちでした。


と言うわけで、結果は3勝の27点で優勝でした。
プロモパックはクラウドペガサスとブリアンヌでした。
後、ピンクセットと唇寄師をゲットしました。
更に、優勝賞品のパックからウィンリィをゲット。

フリープレーで楊貴妃も回してみましたが、金剛神相手に勝てたので、構築の方向性は間違っていないのかな〜?
まぁ、環境が始まったばかりなので、色々と研究の余地はありそうです。


次の大会参加は水曜のカーキン溝の口の大会の予定です。

全文を表示 »

[Z/X]ゼクストリーム@秋葉原 2013/2/3

今日は秋葉原ベルサールであったゼクストリームにスタッフ参加してきました。

まぁ、体の負担的にはいつも通りのイベントでしたが、2Fの待機列がしばらく酷いことになっていたので心苦しかったです。
ブロッコリーの社員さんの想定の1.5倍以上の人数が来ていたようで、想定が甘かったと反省されていました。
まぁ、イベント終了後にちょっとゆっくり話ができたので、色々と言っておきました。
社員さん以外のスタッフにも反省点は結構あったんですけどね。

イベンターは、もうっちょっと増えて欲しいな~って感じらしいです。
面接の日に何か用事が入っても、相談してもらえたら前向きに善処しますとは言っていました。
ピンポイントで予定が入って行けないとかの場合は、相談してみる価値はあると思います。

後はスタッフ間でも色々Z/Xの話ができて面白かったかな~
まぁ、私はヌルプレイヤーなので、実は細かい話は適当に同意してただけだけど(笑)

また次の公式イベントも、予定が入らなければスタッフ参加すると思います。

«  | HOME |  »

カウンタ


+19000くらい

現在の閲覧者数↓

プロフィール

御空野 燕

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:二律背反

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する