FC2ブログ

2006-06

ちょっとそれは・・・

友達がアカウントブロックされました。
BOTもツールも一切使っていない人です。

ちょっと調べてみたら、今日の対策で、冤罪と思われる同様の報告が
結構上がっており、特徴として、ネカフェとかAir-edge等のPHSを使って
接続していた人が対処された人に多いようです。

ネカフェとかPHS接続って、IPが同じでも中の人が違うことが多いのに、
どうもIPで連BANしたようで・・・
ちょっと酷すぎますね。

無事に開放される事を祈ってやまないですが、今までの報告では、
少なくとも装備・お金は没収されているようで・・・
今回冤罪でBANされた人たちがしつこく報告して、態度を変えさせないと
そのまま戻ってくるのは難しいかも・・・

あと、今日緊急メンテがあったのですが、メンテがあったMAPで
「メンテ後に」敵からカードがボロボロ出るという現象が発生しているようです。

これも酷すぎます。
何のためのメンテなんだか・・・
こっちは重力の仕事ですね。
(パッチの確認はガンホーかもしれませんが。)
どちらにしても、しっかりして欲しいです。
下手をすれば巻き戻りかな・・・

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

レベルアップ

アサクロが90になりました。

結局、アリーナで稼ぐ事も無くレベルアップさせました。

・・・いや、アリーナで稼がなくても結構お金が溜まってきたもので・・・

これで生体3Fに潜入できます。
付与sageも用意したし、今週は生体3Fメインで行こうと思います。

楽しみだな~

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

W杯 日本-クロアチア

スコアレスドロー・・・
予選突破は厳しくなったと言わざるを得ませんね。
A代表でブラジル相手に勝った事はただの1度も無いのですから・・・

試合の内容としては、激しく消耗戦でしたね。
気温も30度を越える中、両チーム走り回りでした。

選手の出来としては、FWのプレーに正確さが無さ過ぎました。
PKを止めた川口はもちろん、DF陣もピンチはあったとはいえ、
結果的に無失点に抑えたのですから、原因はやはり攻撃陣と言わざるを得ません。

プレー全体に正確さを欠いた高原。
ゴール前で流し込むだけのシュートを強く打とうとして外した柳沢。
交代して入ったのに目立つ事も無く、シュートミスをする玉田。
後半の後半分は足が止まっていた俊輔。
前半はパスの精度を欠き、厳しいパスばかり続けてFWの体力を失わせた中田。
ボールキープができず、取られまくった小笠原。

両サイドの加治とサントスの出来がむしろ良かっただけに、
攻撃陣の不振は正直目を覆いたくなるものが有りました。

まぁ、個人的には毎回言ってますが、サントスは切り込んでからの右足のシュートにチャレンジして欲しいです。
クロアチアのDFを見てて判ったのですが、縦に抜けられるのを警戒していますが、
中に切り込まれるのはそれほどケアしていません。
やはり、データからサントスに右足のシュートが無いのはばれています。
そこで精度が悪くても、右足のシュートを打てば、中もケアされて、
縦に抜けられる確率が増えるのに・・・

ブラジル戦は、思い切った方向転換が必要だと思います。
DFは宮本が出場停止なのは痛いですが、基本的にはそのままでいいでしょう。
入るのは坪井かな?
MFは、クロアチア戦で良かった稲本を先発で使って欲しいです。
福西よりも、稲本の方が攻撃的にいけますので。
他は、変えようが無い気もしますが、思い切るなら、小笠原ではなく、
小野をボランチに入れて、ヒデを前にあげて欲しいですね。
FWは、もう両方変えましょう。
巻と大黒の2TOPを希望します。
少なくとも、高原は変えて欲しいです。

ブラジル相手に2点差以上の勝利が最低条件です。
下手をすると、それ以上の点差を求められます。
結果が惨敗でも、いちかばちかの賭けに出るしか無いと思います。
負ければジーコ体制での最後の試合。
ジーコだからこそ、ブラジルにはリスク無しには勝てないのは判っているでしょう。
勝負して欲しいですね。

例えどれだけ可能性が低くても、最後まで勝負を捨てずに頑張って欲しいです。

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

本日の購入物件

デトロイト・メタル・シティ1、School Rumble13、ハヤテのごとく1~7(以上、コミック)

今更言われてもねぇ

何か、FIFAの人が、日本-オーストラリアで1-1だった時に
駒野が敵陣ペナルティエリア内で倒されたプレーはPKが与えられるべきだったと
コメントしたらしいです。

いや、今更言われても・・・

審判だって人間ですから、間違う事があるのは判っていますし、
それを認める姿勢も正しいでしょうが、時期は考えて欲しかったですね。
またモチベーション下がらなきゃいいけど・・・>選手もサポーターも

後2戦、勝つしか有りませんので、頑張って欲しいです。

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

レベルアップ目前

今週の火曜から、ROは経験値1.5倍期間に入っています。

で、昨日今日とちょっとアサクロ頑張ったら、Base89の94%まで上がりました。
あと亀D1Fで30分弱で上がる計算です。

でも、ちょっとアリーナで稼ぎたいから、レベル上げるのはちょっとお預け。
別キャラを上げてみようと思います。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

W杯 日本-オーストラリア

負けました(><)
終わってみたら1-3になってました。
3試合目にブラジル戦が控えてるだけに、厳しくなりましたね~

前半は、攻められはしたものの、ヨシカツのファインセーブもあり、
キーオーチャージ気味でしたが、先制点も取れ、結果的には悪くはありませんでした。

問題は後半でした。
テレビでは盛んにディフェンス面の問題点を挙げていましたが、
私の感想では、敗因はむしろ攻めの精度不足・決定力不足でした。

オーストラリアが前掛りになってきて、必然的にスペースができて、
そこを攻めていたのですが、駒野、高原はパスの精度を欠き、
アレックスは縦を止められると中に切れ込んでもシュートが無いので守りやすい。
日本の攻撃面での悪い点が出てしまいました。
実際、同点に追いつかれるまでの間にも、後2点くらいは取れた試合でした。

早い時間で追加点が取れていれば、流れもまた違っていたんですけどね。

守備面では、むしろヨシカツがファインセーブを連発していて良かったんですが、
1失点目は、そのヨシカツのミスでした。
ロングスローに飛び出したら、せめて触らないとダメですね。

2失点目は疲れで中盤の脚が止まったところをフリーでミドルシュートを打たれてしまいました。
3失点目は、茂庭を下げて、DF減らしてたので、むしろしょうがない点でしたね。

これで、既に決勝トーナメント進出はかなり厳しくなってしまいましたが、
諦めないで戦い抜いて欲しいです。

頑張れ!日本!

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

sageに転職

付与用に育成していたmageがsageに転職しました。
微妙にスキルミスったけど、どうせ付与用だから気にしない~

その日のうちに、JOB25まで上げました。
土付与と水付与は完成。

さぁ、これでアサクロの生体デビュー準備が整いました。
でも、明後日から2週間、経験値1.5倍なので、むしろ他のキャラを育てたくなってるんですよね。

どうしようかな~

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

W杯開幕! ドイツvs.コスタリカ

ついにW杯が開幕しました!

開会セレモニーでは、歴代の優勝チームの選手達が入場!
何故かマラドーナだけいませんでしたが・・・
日本に馴染みのある選手も多く、いかにJリーグがお金を出していたかも伺えました(笑)

開幕戦はドイツ-コスタリカ。
下馬評では当然のようにドイツ優位。

実際、試合はドイツが主導権を握って進みましたが、
コスタリカも結構頑張りました。
特に、2ゴール目は、あそこを通すか!と叫んだくらい素晴らしかったです。
しかし、それ以上に素晴らしかったのがドイツ。
守備にいささかの不安を残したものの、バラック不在を感じさせない攻撃力を見せ付けました。
特に4点目は、恐らく今大会ベストゴールの一つでしょう。

日本も試合まで後3日。
きっちり準備をして、頑張って欲しいですね。

テーマ:FIFA World Cup - ジャンル:スポーツ

GOTHICMADE

NewtypeでGOTHICMADEの特集が掲載されていました。

相変わらずクリスの考える事はすごいですね。
既存の「人間と同じ動きをする」ロボットに飽きたとか・・・
そこまで言うなら、見せてもらいましょうか、という心境です。

しばらくは情報公開は無いとの事で、どれくらい待つのかは判りませんが、
クリスの頭の中にはシナリオ10本くらいできているとの事。
(1シナリオ分の公開予定しか無いのに・・・)

FSSも気になるけど、こっちも気になります。
まぁ、FSSは年単位で待つことに慣れたから、もういいや(笑)

«  | HOME |  »

カウンタ


+19000くらい

現在の閲覧者数↓

プロフィール

御空野 燕

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:二律背反

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する