2006-02

vs. ボスニア・ヘルツェゴビナ戦(親善試合)

所用で帰宅が遅れたため、後半から見ました。

前半の終了間際に1点を入れて1-0とリードした後半、
ボスニア・ヘルツェゴビナの猛攻にあいました。
中盤から激しくチェックされ、高い位置でボールを奪われ、
サイドを使われて裏を取られ、ディフェンスラインがずるずる下がる。
ディフェンスラインが下がるから中盤が薄くなって、クリアボールをことごとく拾われてまた攻められる。
という、日本の悪いパターンがモロに出ていました。

4バックの連携も悪く、中央で相手選手がフリーでシュートを打つ場面もありました。
結局、ペナルティエリアの端付近にスルーパスを出されて、PK取られて同点。
サイドから中に入れられて、シュートのこぼれ球を押し込まれて逆転を許しました。
もう、守備はズタズタでしたね。

逆転して、また相手の前掛りが止まったら、ボールを廻せたのですが、
それでは意味がありません。
結局、ロスタイムも終了間際に俊輔と中田で同点に追いつきましたが、
結果はともあれ内容は最悪でした。

時期から考えて、既に反省材料を出す時期は終わっていなければいけないはずです。
後は連携を強化していく方向に進まなくてはなりません。

具体的な弱点を挙げると、左サイドバック。
サントスは攻めだすと強いのですが、守りが弱いです。
中田浩や今回召集されていない三浦など、守備もこなせる選手を入れないと、
W杯では今回と同じような展開になると思います。
左サイドの弱点は、アメリカ戦に続いて世界に明らかになったんですから。
もう、サントスを強化して・・・というには時間が足りません。
勇気を持って、メンバーを変えて欲しいです。

あと、FWは久保と高原は一緒に使わないほうがいいと思いますね。
どちらか片方と、大黒、柳沢など、スピードがある選手を使うべきだと思います。

MFは超激戦区です。
恐らく、誰を使っても似たような結果になると思うくらい、レベルが高いです。
それだけに、FWとDFをしっかりしないと辛いですね。

W杯まで後3ヶ月ちょっと。
このままで終わらないことを祈っています。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

本日の購入物件

オルフィーナSAGA 2(以上、コミック)

神器クエスト

日曜日のGvG中に神器が作成されたので、またまた神器クエスト。

まず、GvGが終了してから、モンクで1次クエストを実施。
もう4回目なので慣れたものです。
材料も元々集めてあったし、さくっとクリア。
でも、もらえたのはSキャップorz

で、4次開始まで時間があるので、仮眠を取りましたが、
何故か早めに目が覚めてしまったので、モンクで2次クエストも実施。
こちらもやり方は判っているので、スムーズに進めました。
青箱と経験値を貰って無事終了。

2次クエストをやっている間に3次が開始されていたので、
そのままスドリ戦で止まっているアサシンにチェンジして、スドリ前でひたすら開始待ち。
30分くらい待った頃、開始されました。
今まで3連敗していたスドリですが、今回は何とか突破。
そのままクエストも終了して、錐をGETしましたよ。
これで2本目です。

この錐、どうしようかな~
神器クエスト開放で、一時値が下がるだろうから、もうちょっと寝かせようかな。
あと、役目を果たしたアサシンをどうしようかも考え中です。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

BLOOD+ 第20話 シュバリエ

小夜はハジと動物園に向かっていました。
偽リーザに言われた「はじまりの場所」を見に・・・

カイ達はヘリコプターで赤い盾の本部に。
そこで、リーザが偽者だった事を知らされ、72時間の監視下に置かれました。
翼手化していないことを調べるためです。
でも、2番目に偉い人、感じ悪いです。
カイはそこで、デヴィッドに小夜の事を教えろと迫ります。
「知れば二度と日常には戻れない」と言われても、「小夜は家族だ」と。
でも、その真実を目にしたとき、「それでも小夜を家族と言えるか?」との問いに
カイは答えられませんでした。

一方、ディーバの目覚めに伴い、シュバリエ達が揃いました。
話の内容を聞くと、ハジはディーバの花婿で、小夜は彼らの花嫁だとか。
しかし、彼らは小夜を殺す事にしたようです。
ソロモンを除いて・・・
ソロモンは小夜に惹かれているようですね。

謎の第3勢力も出てきて、話がわからなくなってきました。

テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック

今週のGvG

今週も所属ギルドでGvGに参加してきましたよ。
今週は、各地が重く、なかなかいい攻め先が見つかりませんでしたが、
また、防衛しているところを中心に攻めて来ました。

人数が少ない分、防衛がしっかりしているところだと、
ある程度崩しても後が続かなくて辛いですね。
Gv特化キャラが少ないのも原因の一つでしょうけど。

最後の方で、V4を占領防衛し、防衛に入りました。
私はここでアサクロからWizにチェンジ。
占領防衛なのでどこかのタイミングで割らなくてはいけません。
ずっと攻められていたのですが、残り5分でエンペブレイク。
が、割ったとたんに大群に攻められて、粘ったものの、残り30秒ほどで落城してしまいました。
ちょっと割るのが早かったですね。
いい勉強になりました。

でも、みんな楽しかったので満足していましたよ。
にしても、やっぱりアサクロは育てないとダメだなぁ・・・

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

フィギュアスケート エキシビション

トリノオリンピックのフィギュアのラスト、エキシビションも見ました。
メダリストとイタリア代表、そして印象に残る演技をした組が滑ります。

最初の方に、ペアの井上怜奈組が出ていました。
スロートリプルアクセルは失敗しましたが、生き生きと演技していましたね。

村主さんは赤いボールを持って登場。
村主ワールドとも言えるような、独特の世界観を持った、惹き込まれる演技でした。
情熱のアーティストの異名は伊達ではありません。

サーシャ・コーエン、スルツカヤの女子メダリストも、本番のようなミスは無く、華麗な演技を見せてくれました。

荒川も華麗な演技を見せてくれました。
プロのスケーターが夢だった(今もかな?)と言う事もあり、こちらも観客を惹き込むような演技です。
綺麗ですね~

ですが、今日の最後にサプライズが待っていました。
ペアで金を取ったロシアチームのアンコールで、バイオリン奏者がリンク上へ。
どうやら、世界的に有名なバイオリン奏者さんのようです。
(不勉強のため、存じ上げませんが・・・^^;)

その生演奏に乗せてのアンコール。
迫力がありました。

そのまま男子優勝のプルシェンコの演技も生演奏つき!
圧巻でした。
実はプルシェンコ、ほとんどただ滑っていただけです。
ジャンプも1~2回、スピンもちょっとだけ。
でも、そのスケーティング技術のすごさと、演技力ははっきりわかるくらいでした。

フィギュアスケートも今日で終了。
トリノオリンピックもあとわずかです。
残っている競技の選手の皆さんも頑張って欲しいですね。

テーマ:トリノ五輪!! - ジャンル:スポーツ

本日の購入物件

狂乱家族日記 四さつめ(以上、小説)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 13(以上、DVD)

女子フィギュアスケートフリースケーティング

荒川やりました!
女子フィギュアスケート史上、初の日本人金メダリストの誕生です!

村主も頑張りました。
安藤もちゃんとチャレンジしました。
日本人3選手とも頑張りましたが、その中でも荒川は際立っていましたね。

順番に感想を書いていくと・・・

安藤は、果敢に4回転に挑戦しましたが、残念ながら失敗。
疲れが残っていたようで、ジャンプをかなり失敗してしまいまいした。
まだ18歳ですし、今後の成長に期待ですね。

荒川は完璧でした。
ミスらしいミスはなし。
技も3-3のコンビネーションが3-2に変わったくらい。
きれいなスパイラルやイナバウアーもばっちり決まって、
途中から観客の歓声が途切れませんでした。
得点もSPに続くパーソナルベストで、堂々の首位に立ちます。

村主も頑張りました。
いくつかのジャンプで難度が下がってしまったものの、
大きなミスは無かったです。
得点は、会場からブーイングが起きるほど低かったですが、
荒川に続いてスタンディングオベーションを受けた演技はすばらしかったです。

荒川の前に滑ったサーシャ・コーエン、最終滑走のスルツカヤが
ミスをしたこともあり、荒川が見事に金メダルに輝きました。

インタビューでは「まだ実感が無い」と言っていましたが、
世界一にふさわしい演技でしたよ。

勝負に「たら・れば」は禁物ですが、村主は、滑走順が荒川の次じゃなければ、
もうちょっと点が延びたかな~とか思っちゃいました。
でも、大きなミスをせずに滑りきって、スタンディングオベーションを受けたのは、荒川と村主だけ!
日本のフィギュアの歴史が変わった一日でした。

下の世代には浅田姉妹もいます。
他の選手も黙ってはいないでしょう。
かなり気が早いですが、4年後も楽しみになってきました。

テーマ:トリノ五輪!! - ジャンル:スポーツ

女子フィギュアスケートSP

何か、午前3時過ぎとかに目が覚めてしまったので、
そのままの勢いでトリノオリンピックの女子フィギュアスケートSPを見ました。

今回は全体的に採点が辛かった気がします。

そんな中で日本人勢の感想を。

安藤はジャンプの失敗が悔やまれますね。
もともとフリー向きの選手なだけに、今ひとつ点が伸びませんでした。

荒川はすごかったです。
ミス無くまとめてきただけではなく、スパイラルが美しい。
全体のレベルも高くて、高得点をたたき出しました。

村主は安定した実力があるという感じでしょうか。
ミスも無く、きれいにまとめてきました。
不安定さが無く、本当にきれいなスケーティングでした。

日本人以外で目に付いたのは、やはりスルツカヤ(ロシア)とサーシャ・コーエン(アメリカ)。
素人目に見ても、演技のレベルがそれまでの選手と違いました。
荒川と村主が、フリーでどこまで対抗できるかですね。

残すところはフリーなわけですが、
もう、メダルとか関係なくミス無く滑って欲しいですね。
結果は後から付いてくるだけです。

テーマ:トリノ五輪!! - ジャンル:スポーツ

本日の購入物件

機動戦艦ナデシコ コンプリートCD-BOX(以上、CD)

«  | HOME |  »

カウンタ


+19000くらい

現在の閲覧者数↓

プロフィール

御空野 燕

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:二律背反

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する