FC2ブログ

2005-12

久しぶりのGvG

回線も開通した事だし、久しぶりにGvGに参加して来ました。
不参加の期間中に、うちのGが城主になっていたので、防衛スタート。
砦自体はずっとうちの連合で確保してますけどね。
スタートは第3マップ入り口での防衛でした。

どうやら、NNTT連がスタダをかけてきた模様ですが、
妨害がうまくいったらしく、連合の他のGの防衛要員の方が早く到着。
即座に防衛ラインを構築します。
が、敵が崖EmCを使用してきたらしく、横から残影モンクが現れたりしたので、
念には念を入れて、防衛線をERに後退。
ここも、防衛線の移行はスムーズに行きました。
が、最初にスタダ妨害のために崖にいた数人のメンバーが取り残された模様。
戻れない人は、ギルドを移ってEmCで回収する人と、遊撃&状況調査の人に分けて、
数回EMC発動して、回収する人は回収して防衛ラインを完全にしました。

後は、散発的に突撃が来る程度で、数回EmCを使った大規模な突撃もありましたが、
それでも防衛線が崩れる事はなく、シャットアウト。
1時間ちょっと経ったところで、NNTT連が撤退。

が、何故かそのタイミングで私のPCがフリーズorz
復帰に5分くらいかかりましたよ(つ_;)

戻ったところで、遠征部隊を編成するとの事で、志願してみました。
ベースで指示待ちしてたら、何か枝テロで襲撃されているし・・・
後から聞いた話だと、どうやらベースが隣だったGが撒いたらしいです。
辞めて欲しいですね。
遠征は、今回は大胆にも(?)B2砦にチャレンジするという事で、B3に突撃。
が、相手もさすがに防衛慣れしているところで、短時間ではどうしようもありませんでした。
ER防衛のロキを崩す前にタイムアップ。

結果は、B2の堅守だけに終わりました。

でも、久しぶりにGvGに参加しましたが、回線が早いっていいですね。
滑らかに動いていましたよ。
むしろ、エフェクトの激しさに、グラボが悲鳴を上げていたようですが^^;
ともあれ、楽しい時間を過ごせました。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

悪夢の5分間と忍耐の90分

サッカー トヨタカップジャパン2005 世界クラブ選手権の3位決定戦と決勝が行われました。

3位決定戦は、終始アジアチャンピオン・アルイデハドが
北中米カリブ海チャンピオン・サプリサ相手に優位に進めていましたが、
2-1で迎えた後半40分過ぎに悪夢が待っていました。
まさかのPK献上で同点。
そして、ゴール前でのセンターバックの一発退場。
そこで与えたフリーキックを思いっきりゴールに突き刺されてTHE END。
サッカーの恐ろしさを垣間見ました。
それにしても、決勝ゴールとなった、サプリサのゴメスのフリーキックは、間違いなくワールドクラスでした。

決勝はイングランドのリバプールと、ブラジルのサンパウロの決戦。
リバプールの猛攻に耐え抜き、前半29分に上げた先制点をサンパウロが守り抜きました。
シュート数4-21、オフサイドによるリバプールの幻のゴールも3回ありました。
こちらも、何が起こるかわからないサッカーの怖さですね。
シュート数では結果は変えられません。決定力が大切です。
これは日本代表にも言えることですね。

両試合とも違った展開ながら、世界レベルのサッカーが見られました。
惜しむらくは、この舞台に日本のチームが立てなかったこと。
来年以降は頑張って欲しいものです。
# 今度、出場国枠を提案するそうですが、興行的にはあってもいいと思いますが、
# 実力で出場を勝ち取って欲しいものですね。

テーマ:トヨタカップ ジャパン 2005 - ジャンル:スポーツ

BLOOD+ 第11話 ダンスのあとで

ベッドでファントムの事を考えていた小夜に、浮かれポンチで話しかけるミン。
どうやら今夜はダンスパーティのようです。
というか、小夜さん。学校行事くらい把握してください。

遠慮したものの、ミンの押しに負けてパーティに参加することになった小夜。
ドレスはミンのものを借りました。
・・・何か、地味とか馬鹿にされましたが、気にしないでっ!
でも、結局色気より食い気っぽく、肉ばかり食べていました。

と、そこにデヴィッドとジュリアが登場。
ジュリアさん、ドレスがきわど過ぎです。
小夜の目も釘付け!
でも、見向きもしてくれないデヴィッドにちょっとムッとするあたりはかわいいですね。

地下を調べに行ったデヴィッドと、情報収集に行ったジュリアに置いていかれて、
またもや独りぼっちになった小夜。
結局肉が気になって仕方ありませんでした。
そこに、青い薔薇を胸に挿した怪しい金髪の王子様登場。
女の子たちはキャーキャー言っていましたが、自分に興味を示さない小夜を見つけてアタック。
強引にダンスホールに連れ出しました。
当然、小夜は踊れるわけが無いのですが、王子様のリードで何とか形にはなった模様。
一通り踊り終わったら、小夜の目がポ~っと恋する乙女になってました。

そこへ、「キャンディの君」アルジャーノ氏が登場。
王子様を連れて行ってしまいます。
この2人、どういう関係でしょうか?

一方、地下に潜入したデヴィッドはトレーラーを発見。
小夜も、現れたファントムを追跡して、ハジたちと地下へ。
何かゴタゴタしているうちに戦闘開始。

~中略~

戦闘終了。
トレーラーを取り逃がし、ファントムにも逃げられました。
で、外に出てトレーラーを追おうとした所をミンに目撃されてしまいました。
傷だらけの顔、ボロボロのドレス。
そして、すごい速さで治る傷。
怪しすぎました。
そのまま何も言えずに立ち去る小夜。
落ち込んでましたね。
もう、リセには戻ってこないのでしょうか?
そして、ドレスの弁償はどうする!?!?

以下、続きます。

テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック

«  | HOME |  »

カウンタ


+19000くらい

現在の閲覧者数↓

プロフィール

御空野 燕

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:二律背反

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する