FC2ブログ

2005-12

カードがポロリ

アニバーサリーイベント中という事もあり、回線がAir-edgeですが我慢して狩りをしています。

PT狩りは他の人に迷惑がかかるので、最近はアサでソロ狩りをしています。
狩場は、ハーピーCとステムワCを夢見て、コモド↑→。
二刀の特化は揃っているので武器には困りません。

BOTも数体飛び交っているので、クリスタルに遭遇できる事は少ないですが、時給は悪くないかな。
まぁ、回線がよければもっと高時給の狩場に行けるんですけどね。

で、しばらく狩りをしていたら、カードがポロリ。
ウータンファイターCでしたorz
頭装備用Cで、出血耐性20%、DEF+1。
・・・正直、いりません(;;

ステムワC出ないかな~

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

BLOOD+ 第9話 それぞれの虹

今回はリクとカイの話。

小夜たちに置いてきぼりを食らったけど、諦めずにベトナムで探し回るカイとリク。
何か普通に食事とかしていたので、やっぱり言葉はしゃべれる様子。
ぐずぐずするリクと、探す気満々のカイ。
お兄ちゃん、必死です。

町外れ(?)を歩いていると、片足の無い少女、ムイに出会います。
カイが子供達と野球をやっていましたが、大人気なし。
野球が忘れられないんですかね?

ムイに誘われ、施設にお泊りのリク&カイ。
身の上話を聞いたりして、同情入っちゃいました。
カイはお子様達に大人気ですね。
いい玩具のようです。
リクはムイにくびったけ。
惚れたかな?

夜に妙な音が聞こえると起きだしたリク。
ムイにも聞こえているようです。
と、これ、アルジャーノ氏が関わっていた様子。
ムイは、何か薬を貰って飲んでいるようでしたが、
これが怪しすぎますね。
というか、関係なかったら怒りますよ。

お父さんが倒れて、実家に帰ることになったムイ。
帰る前に、リクに金属探知機をおねだりです。
何も知らずに買ってあげるリク。
どうせ自分のお金じゃありませんからね。

が、金属探知機で何をするか知らされて、ビックリしていました。
まだ小学生、そこまでの知識はなかったようです。
慌ててムイの実家を聞いて、ムイに会いに行きますが、
嬉しそうに仕事をするムイを見て、何も言えなくなった様子。
そんなリクをカイが慰めます。
やっぱりお兄ちゃんですね。

ところが、ムイの家に泊まったその夜、また妙な音が聞こえると外に出たリク。
やはりムイにも聞こえるようで出てきました。
が、これが誘い出すための餌だったようで、リクとムイはさらわれてしまいました。
カイは助けようとしたけど殴られて昏倒。

急展開で次回に続きます!

テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック

Re: BLOOD+ 第8話 ファントム・オブ・ザ・スクール

先週見逃した分を、友人が録画していたので貰って見ました。

小夜がさっそくベトナムの女学校に潜入。
お嬢様系の学校のようです。
部屋に案内されて説明を受けている時に、メッセージカードを発見。
同室の"ミン"という娘なのですが、メッセージカードは「ミソ」!
ややウケでした。

それにしても、小夜、言葉に困っていませんね。
普通におしゃべりしていて、やや違和感が・・・
その辺の設定はちゃんとしておいて欲しかったな~

一方、カイとリクは置いてきぼりをくらいました。
「戦車でも買える」カードと手紙だけが残っていていました。
周囲で聞き込みをするも、空振り。
というか、この2人もベトナム語をしゃべれるようです。
・・・ちょっと興ざめ。
あと、カードしかないはずなのに、屋台で買い物をしようとしていました。
ベトナムに限らず、屋台でカードを使えるとは思えないんですが・・・

さて、またまた女学院ですが、"ファントム"という存在がいるようです。
ミンに「あの人がファントムかも」と言われて見た先にハジ。
庭師として潜入したようです。
バラを持っていましたが、親方(?)に怒られてました。

夜になって、時計塔で怪しい明かりを見たので行ってみる小夜。
ファントムが現れました。
ってか、ほぼ確実に理事長なんですが・・・
まぁ、小夜は理事長の顔は見て無いので判ってませんけどね。
ハジが駆けつけ戦闘になるも、取り逃がしました。
足元には青いバラ・・・
小夜は目をつけられたようです。

にしても、ファントムって・・・

テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック

«  | HOME |  »

カウンタ


+19000くらい

現在の閲覧者数↓

プロフィール

御空野 燕

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:二律背反

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する