FC2ブログ

2005-08

東アジア大会総括

前年度アジア杯王者、W杯アジア代表として望んだ大会としては
かなり不本意な成績で終わったと思います。
最低でも勝ち点6は欲しかった。
負けてもいい相手は同じくW杯アジア代表の韓国くらいでした。

例え海外組がいなかったとしても、ハードな日程で疲れていたとしても、
北朝鮮戦の内容は気が緩んでいた、闘志が薄かったと取られる内容でした。

中国戦は、メンバー総入れ替えを行って、不慣れなメンバーだったとはいえ、
よく戦ったと思いますが、結果が引き分けならマイナス評価でしょう。
特にDF陣の2失点が悔やまれます。
レギュラーの怪我などで急増ラインでやる必要が今後出てこないとも
いえない状況で、この2失点は大きいと思います。

韓国戦も、あまり状況は改善されたとは言えませんでした。
DFラインは改善されていましたが、全体的に、相変わらず攻め手に欠けていたと思います。
最後はゴールして勝ち切れた点は評価できるとは思いますけどね。

今大会で評価できるのは、田中達、茂庭などの若手ではないでしょうか。
ジーコは、最終予選のメンバーをW杯の中心に据えると言っていますが、
今大会の若手の動きは目に止まったはずです。
まだまだチャンスはあると思って頑張って欲しいです。
それが、代表の底上げにも繋がると思っています。

逆に、大黒など、今まで代表にいたけど先発できなくて、
今回先発が回ってきた人たちは、今ひとつピリッとしませんでした。
特に、大黒は期待が大きかっただけに、残念です。
マークがきつくなってたのはわかりますが、それで動きを封じられたら、
FWとして成長は望めません。
今回を見ての私の評価は、大黒はやはりスーパーサブが良いと思いました。

最後に、ジーコの指揮ですが、中国戦の総入れ替えは、カンフル剤として
十分効果があったとは思います。
レギュラー組の選手は、危機感を持った事でしょう。
しかし、試合中の指揮はいつもどおりでした。
勝っている時はそれでもいいのですが、負けている時、
特に欧州組のリーダークラスがいない時は、監督が打開策を示さないと、
まだ今の日本代表では選手間で打開策を出すというのは難しいと思います。
監督が攻撃の型を示し、それを実現できる選手を入れてあげるべきだと思います。

私はジーコが監督としての能力が低いとは思っていません。
(むしろ、ジーコ信者と言ってもいいでしょう)
ですが、日本代表の、特に国内組のレベルがまだそこに追いついていません。
だとしたら、代表のレベルに合わせた指揮も必要ではないでしょうか?

今大会は不本意な成績に終わりました。
W杯まであと10ヶ月余り。
長いようで短い期間だと思います。
各選手とも、代表で、所属チームで、レベルアップすることに期待します。

«  | HOME |  »

カウンタ


+19000くらい

現在の閲覧者数↓

プロフィール

御空野 燕

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:二律背反

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する